My Hot News

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Hot News

自由気ままに思ったことを書きます。

My Hot News

なんでもかんでも思ったこと書きます

クラッシュロワイヤルの基本

f:id:s0sem0y:20160328165522j:plain

最近クラッシュロワイヤルにはまっています。

やっぱり、リアルタイムでの対人戦は燃えるものがありますね!

 

今回はクラッシュロワイヤルの基本戦術と、無課金キングレベル5でアリーナ6まで達した僕のデッキを公開したいと思います。(現在はキングレベル6でトロフィーは1800前後です)

クラッシュロワイヤルにはコツがあります。ユニットのレベルが低くても、キングレベルが低くても、戦術次第で格上の相手を負かすことができます。自分が考えたデッキと戦術が上手くハマったときの嬉しさは半端じゃないです!

クラッシュロワイヤルのことしばらく記事にするかもしれません。

やっている方は是非読んでみてください!

 

 アリーナ4まではコレだけで十分!クラロワの基本

クラッシュロワイヤルは自分のタワーを守りながら相手のタワーを壊すゲームです。

この目的を達成するためには幾つかの基本的な事を把握しておかなければなりません。これを把握しているかどうかは、勝敗に大きく響いてきます。

基本1:攻撃よりも守備が有利

f:id:s0sem0y:20160328170558j:plain

ゲームでもスポーツでも、大抵守っているより攻めている方が楽しいですね。だからついつい焦って、ユニットを大量投入して攻めに行ってしまいます。そして攻撃が防がれて、エリクサーが尽きたところでカウンターを受けて負けるということを経験した方はたくさんいるはずです。

それはそのはず、基本的に攻撃よりも守備が有利だからです。

上はクラロワ公式の画像です。やっている人は分かると思いますが、タワーからは弓矢での援護射撃が行われます。

ですから、もしも敵も自分も同じユニットを出しているのであれば、基本的に守備をしている側のユニットが生き残ります。レベル差1ならば確実に、レベル差2までなら相打ちくらいの感じです。

ですから、もしも相手が何の戦術も無しにユニットを自陣へ送り込んできたら、同じユニットを出せば簡単に処理することができます。

基本2:ユニットには相性がある!

ユニットには1対1で戦った時にどちらが勝つのかという相性が明確にあります。この相性を把握しておけば、相手よりもコストの低いユニットで処理を行うことができます。基本1と組み合わせれば一瞬にして攻撃を防ぐことが出来るでしょう。

「ジャイアントにはスケルトン軍団が有利」と対応を知っておくに越したことはありませんが、ザックリとイメージで覚えておいても良いと思います。

 

高火力・高耐久単体ユニット集団系ユニット

集団系ユニット範囲攻撃ユニット

範囲攻撃ユニット高火力・高耐久単体ユニット

 

大体こんなかんじです。多くの人がコレには気づいているでしょう。

しかし、ユニット独自に能力等でコレが覆る場合もあります。

例えば高耐久単体ユニットの巨大スケルトンは死亡時に威力の高い範囲攻撃の爆弾を落としていきます。大抵コレによって集団系ユニットは一瞬にして消されてしまいます。

また上記の3つのどれかにピッタリ当てはまるとも限りません。慣れながら覚えていくしかありませんが、以下に僕が戦ってきて感じた、知っておくと有利な相性を書いておきます。

 

絶対に知っておきたい基本的な相性の表

これは絶対に抑えておいてください。基本の基本です。

コスト差有利不利
 1 スケルトン軍団 ジャイアント、プリンス
 0 マスケット銃士 ベビードラゴン
 1 ボンバー スケルトン軍団

 1,2

矢の雨 スケルトン軍団、ガーゴイルの群れ

 

意外(?)な相性の表

こちらは上手く工夫(後述します)することで使える相性表です。

コスト差有利不利
 2 ボンバー ネクロマンサー、バーバリアン
 2 ナイト プリンス
 3 ゴブリン ネクロマンサー
 0 ネクロマンサー プリンス

 

ボンバー

貧弱ですが強力な範囲攻撃を持っています。ベビードラゴンよりも火力は高いのです。自陣に弾き込みながら、タワーを盾にボンバーを配置することで、最小限の被害とエリクサーでバーバリアンを簡単に処理できます。また、ネクロマンサーとの一体一では、ネクロマンサーが放出するスケルトン諸共攻撃できるので、ほぼ相打ちにすることができます。

ナイト

プリンスが自陣に突撃してきた際に、ナイトを自陣の中央に配置してプリンスを引き寄せれば、両側のタワーからの援護を受けることができ結果的に相打ちに持ち込めます。

ゴブリン

ゴブリンは3人で敵をメッタ刺しにするユニットです。ネクロマンサーは範囲攻撃とスケルトン放出という厄介な能力を持っていますが、耐久力も火力も単体ではあまり高くありません。ネクロマンサーがスケルトンを放出して、スケルトンが離れた隙に、ネクロマンサー本体にゴブリンを出現させればすぐに片付けることができます。

ネクロマンサー

ネクロマンサーはスケルトンを一定時間ごとに3体出現させます。相手がプリンスを出したら、距離を長めにとってネクロマンサーを配置すれば、プリンスの突撃をスケルトンで受け止めながらすぐに撃破できるでしょう。また、ネクロマンサーはそのままカウンターに用いることができます。

 

基本3:エリクサーを温存してから総攻撃する

守備でエリクサー温存

上手く相性を捉えながら戦っていると、相手のエリクサーの消費に比べて自分のエリクサーに余裕が出てきます。例えばボンバーでネクロマンサーを処理した時には、相手よりエリクサーが2も多い状態です。

上記で述べてきた基本1や基本2は、最終的にはエリクサーの温存につながってきます。これをクラロワではエリクサーアドバンテージと言ったりします。

相手も守備の相性は心がけてはいるでしょう。しかし一度守備でエリクサーアドバンテージを得ておけば、相手が防ぎきれない量のユニットで攻撃を仕掛けることができるはずです。特に相手が攻撃でエリクサーを使い切ったときに総攻撃を仕掛ければ、相手は防ぎようがありません。

また、相性でエリクサーを温存することも当然のことながら、小屋やネクロマンサーのようにユニットを放出するタイプのもので守備を行っておけば、後々への投資にもなります。小屋やネクロマンサーはエリクサーの前払いをして、うまく総攻撃のときにユニット召喚が重ねるイメージで使うと良いです。

 

基本的にはエリクサーアドバンテージを蓄えてカウンターがクラロワでの鉄則です。

 

どうやって攻めるか

基本的な事柄を抑えれば、惨敗続きということはなくなるでしょう。

でも守ることができたけど、どうしても攻めきれずに引き分けということも起こってきます。どうやって攻めるのかは、予めデッキを組んだ時点で決めて置かなければなりません。当然上記の基本的な事柄は相手も心掛けていると思っておいたほうがいいです。相手の守備の準備を突破できる攻撃を考えて置かなければなりません。

攻めの主役を決め、攻撃ユニットのセットを作る

ごちゃごちゃにユニットを選んでデッキを組んでも意味がありません。

攻めの主役を決め、それを援護するユニットを入れなければなりません。いつでも攻撃は複数のユニットのセットで行うものだと思ってください。

実際に戦っていくと、自分の勝つパターンがデッキごとに決まっていることが分かってきます。なんだかよくわからないけど勝ったのではなく、なんかいつも同じような感じで勝っているはずです。勝ちやすい自分なりのパターン、すなわち攻撃ユニットのセットを作らなければなりません。

よく使う僕の攻撃セットを紹介しておきます。

攻撃セットの例

主役援護1援護2
ネクロマンサー ジャイアント ボンバー
ミニP.E.K.K.A ジャイアント ベビードラゴン

僕は最近ネクロマンサーを主役にしたデッキを使っています。

序盤はミニP.E.K.K.Aを愛用していました。

主役ネクロマンサー

まずネクロマンサーを自陣の最後方に置きます。理由は、次のジャイアントとボンバーを出せるようになるまで敵陣に侵入してほしくないのと、敵陣に侵入するまでに複数回スケルトンの召喚が行えるからです。

ネクロマンサーが敵陣に侵入する手前で、先にジャイアントが敵陣に第一に踏み込むように召喚します(ネクロマンサーの一歩前に置けば良い)。このジャイアントを処理するために相手は集団ユニットを使う可能性があるので、すぐさまボンバーを召喚します。ボンバーとネクロマンサーはジャイアントに群がる敵の排除をして、ジャイアントが敵の攻撃を受けながらタワーを攻撃してくれれば成功です。

これではジャイアントが主役に見えますが、ネクロマンサーが生きている限り放出するスケルトンもタワーの破壊に貢献します。敵のターゲットをジャイアントが請け負っている間に、スケルトンがタワーを攻撃してくれますし、ボンバーもネクロマンサーも範囲攻撃なので、守備ユニットの攻撃と同時にタワーにもダメージが入る場合がほとんどです。

主役ミニP.E.K.K.A

こちらも基本的にはジャイアントで敵の攻撃を受け止めながら、ミニP.E.K.K.Aでタワーの破壊を目指します。ミニP.E.K.K.Aは非常に火力が高く、移動も速いので速攻向きです。エリクサーアドバンテージを得たら、できるだけ早く敵陣に突入できるような配置でユニットを召喚しましょう。もちろんジャイアントが先頭で突入するようにです。

ネクロマンサーのように最後方に配置する必要がないので、不意打ち的にも使えます。集団ユニットの消去にボンバーではなくベビードラゴンを用いるのは、ガーゴイルのような空中ユニットを処理するためです。

まとめ

 エリクサーアドバンテージを得て総攻撃が鉄則です。

エリクサーアドバンテージを得るためには自陣のタワーの援助の活用と、相性を見極めるというのが大事です。攻撃では、エリクサーアドバンテージを活用して、自分の攻撃セットを召喚してカウンターを仕掛けましょう。攻撃が上手く行きそうだというときには更に手持ちのユニットを投入して一気に破壊に向かってください。

もしも攻撃が成功し無さそうであれば、ユニットの追加を諦めることも肝心です。下手に突っ込ませるとタワーにダメージを与えることができずに処理され、アドバンテージを相手に与えることになります。

あとは実践でいろいろ掴んでみたください!

また動画なども上げて行こうかなと思っています(クラッシュロワイヤル飽きなければ。笑)。