My Hot News

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Hot News

自由気ままに思ったことを書きます。

My Hot News

なんでもかんでも思ったこと書きます

小屋攻めでトロフィー1900突破(動画あり)

f:id:s0sem0y:20160329041822j:plain

小屋攻めでトロフィーが1900を突破し、維持できるようになってきました。

今回は劣勢に見える戦いからの逆転動画を2つ紹介します。

小屋攻めの基本的な戦術は前の記事を参照してください。

my-hotnews.hatenablog.jp

 

 

1800台と1900台の壁

1800台では概ね勝つことができ、しかも余裕を持った戦いができましたが、1900台はアリーナ7とアリーナ6を彷徨うワンランク上のプレイヤーも混在しており、厳しい戦いを強いられることが多くなりました。

1950を超えるとアリーナ7での戦いも混じってきますが、そうなるともう1つ上のランクのユニットを保持しているケースが多く、対処の仕方がまだわからないため大抵負けてしまいます。これは慣れに任せるしかないでしょう。(僕自身はあまり攻略サイトは見てません。そろそろ頼らなければいけないのか……)

戦術のおさらい

攻撃ユニットの基本構成

ジャイアントを盾に、ネクロマンサーとボンバーを後ろに配置します。

ジャイアントに群がる集団ユニットをボンバーとネクロマンサーで排除しつつ、タワーへ接近します。タワーに一度張り付いてしまえば、相手が援軍を呼んだとしても、ボンバーとネクロマンサーの範囲攻撃でジワジワとタワーにダメージを与えられます。

防御は最小限のユニット・本番は残り1分

最初は劣勢を覚悟で挑み、最悪タワーが破壊されたとしてもエリクサーアドバンテージを優先していきます。そして残り1分で大量のユニットを敵陣へ送り込みましょう。

小屋配置のタイミング

小屋は高コストなので、下手に配置するとその直後に速攻を食らってしまいます。相手の攻撃を受けきるために、すぐにユニットを呼び出せるくらいのエリクサーの余裕を持たせてから小屋を配置しましょう。

また、残り1分の攻撃のタイミングでは攻撃ユニットの3体をたてつづけに呼び出せるようにエリクサーを温存しなければなりません。しっかりと小屋からの援軍を受けられ、かつ残り1分の時にエリクサーが溜まるように、1分30秒あたりから新しい小屋を配置することを心がけます。

実戦動画

厳しい戦いを何とか勝ち抜いた動画を2つ載せます。

いずれも序盤は劣勢でタワーを1つ破壊されながら、残り1分で紹介した戦術をフル活用してキングを落としに行くことに成功しています。

1つタワーが壊されるというのは不安ではありますが、見方を変えれば敵が残り1分の主戦場(僕が小屋を配置している側)とは関係ない場所でエリクサーを消費してくれたとも取れます。こういう場合は、このエリクサーアドバンテージを使って一気にキングを目指すように僕はしています。

トロフィー1900台へ突入した際の戦い

相手も小屋を使って序盤からジワジワ攻めてきましたが、タワーのダメージは気にせず、なるべく自陣で迎え入れながらアドバンテージを稼ぐことに専念します。残り1分に向けて準備を整えておきました。

www.youtube.com

トロフィー1900を越えてからの戦い

相手のキングレベルは8で、僕が6です。ユニットのレベルも断然相手が高い中、序盤のエリクサアドバンテージをフル活用してキングを攻め落とします。

特に残り1分の時点でエリクサーの溜まり具合は同じなのにも関わらず、こちらは小屋が2つ配置されており、相手はユニットが全く外に出ていない状態です。つまり、残り1分の試合開始時に小屋2つ分のアドバンテージを持っていることになります。(エリクサーにして12!小屋のHPがMAXではないにしてもこれは大きい)

格上に勝つにはコレが基本的な戦法になるという再確認にもなった戦いです。

www.youtube.com

対人戦であるということ

ユニットの相性とか、自陣で迎え撃つと良いという事実は、単純にゲームの仕様によるものです。これは一度覚えれば誰もが意識できることです。もしも全く同じユニットで全く同じ知識を持って全く同じ戦術を用いる場合には、大抵キングレベルが高い方が勝ちますよね。

でも現実はそうではないです。相手は人間、知識とかだけではなく心理的な戦いができます。

1つタワーを壊した相手は油断している

最悪守り切って逃げ切ろうという発想も相手にはあるはずです。

しかし主戦場(小屋がある方)とは反対側のタワーを壊すことで、相手はエリクサーをこちらよりも余分に使っています。残り一分までに蓄えたエリクサーアドバンテージは、相手の想像を遥かに超えているということをキングを落として知らしめてやりましょう。

2つの戦いとも、キングが落とされたあとの相手の「まさか!」の発言が印象深いです。

攻撃の姿勢を見せて揺さぶりを掛ける

意外と大事です。相手が1つのタワーを壊した後に、そのままキングの破壊に向かってきた場合はこれを全力で阻止しなければなりません。すると残っているタワー側にある小屋はほとんど無駄な投資に終わってしまいます。たまには攻撃の姿勢を見せて、守りに入らせ、攻めきることを諦めさせなければなりません。

しかし本気で攻めてしまっては、おそらくタワーに中途半端なダメージを与えてエリクサーを消費するだけです。ここらへんはエリクサーアドバンテージを確保しながら程々に慣れでやるしかないと思います。

 

最後に

僕はアリーナ5(トロフィー1400台くらい)から小屋攻めを使うようになり、ここまで一気に駆け上がってきました。もちろんデッキを使いこなすには慣れも必要です。いきなり試して上手く行かないこともあるでしょう(僕もデッキを試すときは大抵負けます)。

それでも経験上、ほとんどのデッキに対して小屋攻めは有効です(少なくとも1900くらいまでは)。テスラなどで完全にガチガチの防御をされてる場合は引き分けることもありましたが、(詳しくは記録していないので分かりませんが)かなりの勝率を誇っていました。またアリーナ6まではアイスウィザードなしでもほぼ負けることなく上がってこれましたので(代わりにベビードラゴンかマスケットを試しながら使っていた)ウルトラレアなんて出ないと!って方も是非試してみたくださいね!