読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Hot News

自由気ままに思ったことを書きます。

平和安全法制関連2法が施行

反対者は戦争法とも言っていますね。

平和安全法制関連2法が施行されました。これで自衛隊の活動領域が広がったことになります。コレが良いのか悪いのか、色んな意見があると思います。

ちなみに僕はフザケンナ安倍!とか思わないし、よくやった安倍!とも思わないです。

なんたって、完全に内容を理解しているかっていたら、してないでしょうから。

 

んで、国の準備したサイトが以下です。

 

平和安全法制等の整備について

 

これ全部読んでいる人いるのだろうか……(僕が怠け者なんですかね)

 

 

個人的意見(というか感想?)

今回の法案の良し悪しなんてものは、時間が経ってみなきゃ僕にはわかんないです。 "国民を守るため"なら、もちろん頑張って欲しいのですけども、じゃあ国民を守るってなんなんですかね。

もしも、自衛隊が全く動かなくともアメリカ様が完全に助けてくれるのなら別にこの法案いらないと思いますが、最近は「アメリカが攻められても日本は助けないじゃないか!」という不信感も向こうにはあるとか。

日本がいざとなったときに、命をかけて戦うのはアメリカ人な!っていうのが今までですね。まあ確かにアメリカからすれば何のこっちゃって感じかも(でも他のとこで日本はいっぱいよいしょしてんじゃないのか?)

そう考えると、この法案はアメリカの日本への信頼は大きくなるとは思います。

(まあこれを信頼というのか日本が従属しているというのか、いろいろ見方はあるでしょうけど)

 

で、結局国民は守られるのかというところです。

 

アメリカが戦争しているときに、物資をアメリカ軍に運んでいるってことで日本が標的にされたらたまったものじゃないです。けどこの法案はそもそも、日本が既に脅威にさらされているときに限って今までよりも自衛隊の活動領域が増えるっていう内容らしいんで、そう考えると、危険にさらされるとしたらそもそも法案以前に国際状況が悪化しているということです。

けども、この法案を通したという事自体が、日本が標的になる理由を生んでいるかもしれないですし、いやでもこの法案は施行されたけど、日本が先に標的になっているときにしか関係ないわけで……

 

って、鶏と卵じゃないか!

 

 

どっちにしても、人間って論理だけで動いてるわけではないと思います。

確かに法案はそもそも日本が危険に晒されてないと関係ないわけですけど、この法案を通したという事実に何かしらの反応をする国は当然あるでしょう。

それに本当の問題は、日本にも危険性があるってどういう状態なんですかってことだと思います。誰が判断するんですかね(テレビでは最高裁とか言っていたかな?)。

アメリカが戦争しているときに日本には危害無さそうだけど、アメリカがすっごく睨むもんだから仕方なく「危険性があるので」って専門家が嘘で言ったら国民はわからんでしょ。

そもそも危険性を国民が判断するのは難しいんだから、この法案は事実上専門家(政治家なり法律家なり)がほとんど指揮を取ることになるわけで、結局心配なのはそいつら信用できるのかってことだと思うんですよ。

 

危険性がある場合に限り自衛隊が動くという法案自体は僕は認めたいと思うのですが、いざとなったときにこの前提を守っているという保証が得られないことが心配です。

だからといって危険性があるような自体っていうのは緊急性を有するでしょ。もしも本当にそんなときに例えば国民投票なんてする余裕もなさそうじゃないですか。

 

あと武力行使を少しでもするのなら憲法改正が先だったかもしれないですね。

別に法案自体が良い悪いじゃなくて、良い法案だったとしても順序は守らなければいけないんじゃないですかっていう意見もあると思います。

 

法案の内容うんぬんより、信用問題による言い合いや、あるいはハナから叩く道具として使われてんじゃないですかってのも思いますわ。

 

 

バカが露呈したかも。