読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Hot News

自由気ままに思ったことを書きます。

中古車の購入の注意点

今乗っているオンボロの軽自動車がついにお逝きになられました。

オルタネータが終了したんでリビルドなら4万円くらいで済みそうだけど、半年後に控える車検を通すつもりは全くなかったのでこれを気に中古車購入を検討しております。ちなみに次も2年で乗り捨てるつもりなので状態はどうでも良い(走ればいいのよ走れば、乗り換えるのは気分転換)。

f:id:s0sem0y:20160404060612j:plain

そういうわけで、中古車購入の注意点をまとめておきたいと思います。

 

 

車両価格は当てにならんよ!

まずはこれです。車両価格15万!とか書いてあっても、諸経費で総額40万とかザラです。なんで車両価格安く表示するかというと、大抵安いほうが良いなって思って、安い順に検索結果を並び替える人が多いからです。上位に表示されるように車両価格は低めにしておいて、結局総額では特にお得でもないというのはよくあるケースだと思われます。

支払総額で考える

goo-netでもカーセンサーでも総額の方で安い順に並べ替えられるし、これはまあ大丈夫でしょう。

バッテリーやエアコンに注意

これは現物見なきゃどうしようもありませんね。

エアコン効かないとか地獄です。エアーコンプレッサが壊れていると冷房が効きません。暖房はエアーコンプレッサーなしでも動きますが、暖房しか使わないって人は中々いないでしょう。

走行距離も目安にすぎない

走行距離5万kmとか10万kmとか、この辺が一応何らかの境目になっている印象はあるけど、実際どれだけ走ったかよりも、どんな風に走ったかのほうが重要だと思う。

メンテナンスをちゃんとやっているかどうかとか、走行距離10万km前後でタイミングベルトの交換もしてあるかとか、とにかく整備がされていれば本来自動車って思っている以上に動くと思います。

そもそも古かろうが走行距離すごかろうが、整備して走りさえすれば輸出車として東南アジアとかに出回っているのが現状です。ただし向こうでは日本と違って、高いのは自動車本体だけであって、その後の整備の技術料とかに当たる人件費はそんなに掛からないから、ボロくても良いっていう社会背景もあるけども。

セダンやワゴンは不人気⇛中古安いです

時代は低燃費です。だからハイブリッドとかコンパクトカー・軽自動車が人気。それかファミリー向けのミニバンも人気ですね。

中古市場漁っていると、大抵セダンとワゴンは上記の人気車種に比べてえらく安いです。まあ実際燃費は残念で10km/Lを切るのが割と当たり前ですが、数年で乗り潰そうと思っているような場合は、不人気な分だけ安く買っておけば、燃費の分は取り返せると思います。

しかもセダンとかって高級車だったりで、もともと製品としての質は良い物が多いです。高級車選んでしまうと自動車本体より税金とかが負担となって伸し掛かって来るんですけど、ここらへんも何年で乗りつぶすつもりなのかとか計算して考えれば良いと思います。

 

 

 

僕もセダンかワゴンから探しているところです。

ワゴンだとアテンザスポーツワゴンやマークⅡブリットとかかなり安く出回っています。

セダンだとレクサスESの前身のウィンダム(でかくて乗りにくいらしい)とか安いです。

中古車気になる人は、セダンやワゴンに是非注目してみてください。

 

おじさん向けのセダンだと、変に改造や無茶な走りをしていないから、状態も良いケースが多いとか

 

実際に購入したら、さらに詳しく書くつもりです(いつになるか分からんけど)。

体験談として参考にしてみてください。