My Hot News

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Hot News

自由気ままに思ったことを書きます。

My Hot News

なんでもかんでも思ったこと書きます

オススメのWifi!通信制限実質なし!?

Life Technology

久々の更新です。

今回は色々調べてポケットWifiを契約しました。

今回は契約したUQのWimax2+について説明します。

 

 

 UQWiMAXについて

f:id:s0sem0y:20160925102449p:plain

 

UQとは?

まずUQってのは会社の名前です。KDDIとかNTTとかDMMとかトヨタ自動車とか、いろんな会社がありますが、UQは通信回線のサービスを行っている会社の名前です。青色のガチャピンとムックでの印象が強いのではないでしょうか。

 

f:id:s0sem0y:20160925102620p:plain

 

ケータイ電話を選ぶとき、ドコモにしようかauにしようか、ソフトバンクにしようかと悩む時がありますよね。こういうときに通信回線の自由化で、UQにしてみようかな?とか、悩めるようになったわけです。

今だったら通信回線のサービスを行っている会社よりも、IphoneにしようかなとかXperiaにしようかなとか迷う人の方が多いかもしれませんね。これは通信回線のサービスではなく機種そのもので選んでいることになります。かつてはある機種を買いたければ、その機種を取り扱っている通信業者が限られていたために、ほぼ「機種を選ぶ=通信業者を選ぶ」という状態でしたが、今は違いますね。ある機種を使いながら、どこの通信業者と契約するかを選べるようになりました。UQはスマホのための通信も準備していますし、ポケットWifiのサービスも提供している通信業者です。

 

WiMAXとは?

UQについてはわかったけども、じゃあWiMAXってなんなんだよ!ってことになります。

答えましょう。WiMAXとはUQが提供している通信規格の1つです。

いまいちよくわからないでしょう。インターネットとは機器と機器が通信しており、その通信網が蜘蛛の巣のように張り巡らされていることからそう言われます。どうやって機器同士がつながっているかというと、光ファイバーだとか電波だとかを使って、情報をやりとりすることによってです。

ではどうやって情報を電波に乗せて飛ばしているのか?技術的なことは置いといて、この飛ばし方がいろいろあるために、通信規格が様々出てきてしまうのです。どの飛ばし方(通信規格)一番良いかというのは不問で、一長一短です。

ともかくWiMAXとかLTEとかっていうのは、電波の飛ばし方が違うんだなくらいに納得すれば良いと思います。

 

WiMAXの特徴、利点・欠点は?

WiMAXっていうのはスマホで普通に使われているLTEと比べて何が違うのでしょうか。

先ほどインターネットは蜘蛛の巣のように機器がつながっているという話をしましたが、何も機器と機器を直接通信する必要はありません。だれかが情報をやり取りする中心となって、通信を管理してもいいですし、そういうのが複数いてもいいのです。距離があまりにも遠いと通信も難しいので、そういう交通整理係がいろいろなところに存在していて、情報のやりとりを円滑に進めてくれます。

 

実はWiMAXに関しては、LTEに比べ交通整理(基地局)の数が少ないのです。

ですから、上手く通信が届いてくれない地域もあります。これは明らかな欠点です。

基本的に山奥とか、田舎の方はあまり通信状況はよくありません。もしも都市部に住んでいる方ならば、ほとんどこの欠点の影響は受けません。だから、都市部に住んでる人向けだと言えます。

 

利点はデータ通信を提供するためにバランスの良い通信構造になっています。これは技術的なことなので細かくは言いませんが、使って良い電波の形状が、各通信規格ごとに決まっており、比較的良い電波の形状を抑えているということです。とは言って、これは通信を提供する側のメリットであって、こちらはつながりさえすれば何でも良いという気もしますが。

本当の利点としては、やはりLTEに比べ利用者が圧倒的に少ないということです。

こうなると、一人あたりに行えるサービスが多くなるのです。これは圧倒的なメリットで、よく聞く通信制限という難を受けづらくなります。

 

なぜ僕がWiMAXを選んだか

通信制限に関すること

通信はデータの交通整理によって行われていますから、通信が各地でたくさん行われると渋滞が置きます。これを防ぐために、未然に通信制限というものを課しておくことで、一人の人が通信をたくさんしすぎて、道路を独占してしまうことを防いでいるのです。LTEのように利用者が多い(スマホの通信は全部LTEですよ!)場合は、とんでもない渋滞の発生が見込まれます。ですから、自然と通信制限は強めに課せられることになってしまいます。LTEの渋滞は下の画像のようなもんだと思ってください。

f:id:s0sem0y:20160925104736p:plain

 

逆の言い方をすれば、渋滞になりそうで無ければ(道路が空いているならば)通信制限を課す必要はありませんし、渋滞の度合いも大したことがなければ、通信制限が掛かったとしてもそれほど遅くしなくても良いということになります。WiMAXはこちらの状況です。WiMAXは普通のスマホが使っている通信方式ではないので、そもそも通信を行っている人自体が少ないです。つまり道路に対して車の量が元々少ない!従って制限もおのずと軽めになるのです。

 

実際のWiMAXの通信制限

現在Wimaxの最新の通信規格はWimax2+になっています。

ギガ放題プランでは、基本的に月の通信制限はありません。

ただし、3日で3G使うと通信制限が掛かってきます。しかし、WiMAXではこの通信制限に掛かったとしても、ネットサーフィンには全く影響がありません。YouTubeだとちょっと厳しいなくらい。

ですから、家のネットもスマホも、全てWiMAX1つで済ませれてしまいます。

 

一方LTEのプランだと、大抵月7G超えると通信制限が掛かり、全く使い物にならないレベルになります(誰もが経験したことあるかと思います)。

 

実はUQもLTEでの通信を提供していますが、LTEのプランの場合は月に7Gの通信制限を設けてきます。ですから、UQは何も特別安く出来る事情があってWiMAXの通信制限をなくしているのでなく、やはりLTEでは使用者が多いためそれなりにお手上げ状態なのです。

 

WiMAX2+ ギガ放題プランの注意字事

 

ギガ放題のプランは月額4380円です。

スマホもパソコンも繋がることを考えれば、これはかなり安いプランになっているでしょう。

実はこれに1000円ほど加えると、LTEで接続できる機能を追加できます。WiMAXは田舎の方ではつながらないので、旅行とかに行ったときにだけこの機能を追加するということもできるのですが、ここで注意事項が1つだけあるのです。

 

LTEで接続できるようにする場合は、接続モードを「ハイスピード」から「ハイスピードプラスエリア」に変えます。名前の通り、LTEだと接続できるエリアが広がります(田舎も繋がる)。この機能を使って7Gの通信を越えると、実は通信制限に掛かってしまいます。

先程からLTEは通信制限があると言ってきましたから、何だその程度か、と思うかもしれません。しかし予想外なダメージがあるのです。

 

LTEのプランで7Gを越えると、LTEだけでなくWiMAX2+の方も制限を加えられます!

 

LTEが使えなくなるだけでは済まないのです。

ですから、「ハイスピードプラスエリア」という機能は、普段は絶対に使わないでください。

どうしても繋がらない地域で、ここぞというとき意外は使わないようにしましょう。

そして、7G以内で通信が収まって、「ハイスピードプラスエリア」をやめてしまえば、その後は普通に使い放題を維持できます。

 

 

この部分だけ意識していれば、今は間違いなく一番オススメできるWifiとなっています!