読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Hot News

自由気ままに思ったことを書きます。

夏からスタート!読書好きにオススメのキンドルアンリミテッド

夏からキンドルアンリミテッドというサービスがアマゾンからスタートしました。

月額たったの980円で、対応している本が全て読み放題というとんでもないサービス。

読みたい本があるなら、その月だけパッと契約してみるという手段もありですね。一度使い始めたら、やめる気にはならなかったというのが僕の感想ですけど!暇なときは読書をしている僕にはうってつけのサービス!早速使っていると所なのでレビューしたいと思います。

 

 

 キンドルアンリミテッドって?

アマゾンが提供しているKindleを使った読み放題サービス

Kindleというアプリケーションを使って電子書籍が読めるようになってから久しいですね。このKindleを使うと、普通に本を買うよりも安く同じ本の電子データが購入できるようになります。販売側は紙が必要無くなり、ユーザーはかさばらずに一箇所にデータをまとめておけるので非常に便利です。

Kindle版に対応している本は続々と出てきましたが、その中から更に、Kindle unlimitedに対応した本は、なんと月額980円でダウンロードし放題というのが今回紹介するサービスになっています。ただし全ての本がというわけにはいきません。例えばワンピースの漫画とか、明らかに人気な作品は対応していないケースが多いようです。

 

そもそもKindleって何のこと?

こういう疑問を持っている方もいらっしゃるかもしれません。

Kindleとは、Lineとかtwitterとかあるいはパズドラなどと同様のアプリケーションの1つです。タブレット端末が流行った頃に、Kindle fire と呼ばれるタブレットがアマゾンから販売されるようになりました。例えば以下の端末などです。

 

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

 

 

決して、このKindle fireでなければKindleのサービスが受けられないということはありません。どのスマホ、タブレット、そしてPCでも、Kindleというアプリケーションは無料で使うことができます。

もしもパソコンからKindleというサービスを使いたいのであれば、アプリケーションをダウンロードしてください。これ自体は無料です。その後使うかどうかは考えればいいので、是非ダウンロードしてしまいましょう。

スマホの場合はお使いのアプリケーションストアから、パソコンの場合はWindowsとMacそれぞれ以下にダウンロードページを貼っておきます。

 

 

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

 
Kindle for Mac [ダウンロード]

Kindle for Mac [ダウンロード]

 

 

Kindle unlimited登録の仕方

Amazonのアカウントをお持ちの方は、公式サイトから読み放題サービスを始めることができます。(ここにアクセスAmazon.co.jp: Kindle Unlimited:読み放題ストア: Kindleストア

 

現在は30日間無料サービスもやっていますので、試しに使ってみるというのでも良いと思います。読みたい本が全然見つからないという場合には、やめてしまえばいいでしょう。

 

登録は支払い方法を記入すればすぐに完了します。アカウントを持っていない方はアカウント登録から行ってください。

 

使い心地と感想

本のラインナップ!意外と多いよ!

画面キャプチャーで、読み放題に対応しているジャンルごとに本の数を見てみました。

f:id:s0sem0y:20160926002643p:plain

 読みきれないほどありますね。あなたが好みのジャンルは十分に揃っていますでしょうか?ラインナップ自体は、キンドルアンリミテッドに登録しなくても見れますので、是非覗いてみてください。

僕は特に、科学・テクノロジーとコンピュータ・IT系を読んでいます。本の数としては少ないほうかもしれませんが、正直十分に満足しています。むしろ読みたい本があるというよりは、このサービスが本を読むきっかけになっているという方が良いかもしれませんね。

 

紙媒体と比べた、Kindle自体の使い心地

 

これはアンリミテッドに関することではなく、キンドル自体のことです。

 

電車でもどこでも、読みたいときに簡単に本を読めることはかなりのプラスポイントです。重い本を持ち歩く必要もなく、フッとしたスキマ時間に読書ができてしまいます。基本的に良いことのほうが多いのです。

 

しかし1つだけ唯一気になることがあるのです。

それは、適当にページを一気にめくることができないということです。

 

小説とかを読む人にはあまり関係ないことでしょう。しかしITの本とかテクノロジーの本を読んでいる人にはありがちだと思うのです。適当なページを開いて目に入った部分を頭に入れようかな、と思う時が。必ずしも前から順番に読んでいくとは限らない本では、この読み方が安安とはできません。

もちろん目次があって、目次からそのページに一気に飛ぶ機能はありますが、いきあたりばったりな読書ができないというのが個人的には寂しいかな。(あんまり普通の人には関係ないかも?)

 

あと問題集とかも圧倒的に使いづらいです。上記の話は、正直ボク個人の使い方の問題でしょう。しかし問題集のように、間違ったとこだけ解き直すとか、本の中の特定の一部を使うという場合にはKindle自体が非常に使いにくいプラットフォームとなっています。

 

資格の勉強のためにKindleで問題集いっぱい買おう!という使い方はおすすめしません。

それ以外の読書ならば断然オススメ。

 

本のダウンロードの仕方は?

まずアマゾンで商品を検索の際に、アンリミテッドに対応した本を検索する機能があります。

例えば「プログラミング」というワードで検索してみると、以下のような書籍が出てきます。

もちろんアンリミテッドに対応した本のみが出てきますから、全部0円です。

f:id:s0sem0y:20160926004605p:plain

 

意外と高い本も対応している

例えば仕事でエクセルを使う人、たくさんいると思います。

でも結局全ての機能を使いこなすことはなくて、ほんの一部を覚えて、便利は便利だけど、なんか1冊買うのも勿体無いなと思う場合にもアンリミテッドがオススメ。

他の本を読むついでに、月額980円でこういう本にも対応しているのは本当にありがたいですね。

 

f:id:s0sem0y:20160926005227p:plain

 

いくつかの月間雑誌にも対応

ラインナップは登録前に見れますから、もしも興味のある雑誌が複数あるのなら、それだけで元が取れてしまいそうです。逆にこれを気にファッションとかに興味を持つのもありかもしれませんね。

f:id:s0sem0y:20160926005737p:plain

 

 

まとめ:総合的に見て、月額980円でこれはオススメ

アプリKindle自体は無料

紙よりも電子書籍の方が安いですし、これを期にダウンロードしてしまいましょう。

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

 
Kindle for Mac [ダウンロード]

Kindle for Mac [ダウンロード]

 

 

アマゾンアカウントがあれば、支払い方法を決めるだけですぐ登録

Amazon.co.jp: Kindle Unlimited:読み放題ストア: Kindleストア

 

対応している本も幅広い

ラインナップはアンリミテッドに登録しなくても見れます!

上のリンクで検索してみてください。